お問い合わせ

「KONFIDO」が持つ施工のこだわり

施工前に確認しておきたいKONFIDOに関するお店のこと、コーティングやその他のサービスを受ける前に一度ご覧ください。

専門店としての役割

お客さまに常に最高のコーティングを施工したい思いで様々なコーティングをテストし情報収集をすることがショップの大切な役目です。
コーティングは施工で大きく変わるものなので、そのためにはしっかりとした技術、知識、経験、設備が必要不可欠で、さらに何よりもコーティングという仕事に真摯に向き合っていくことが大切だと考えています。

磨きとコーティングの関係

ボディの光沢は固着物、洗車キズが多ければ映り込みは“深み”を欠き、細キズは乱反射を起こします。 その結果、本来、塗装の持つ重厚な光沢が埋もれてしまいます。 どんな素晴らしいコーティング剤を用いても本来の輝きは期待できません。
またボディコーティングを施すうえで凹凸な塗装面にはコーティング剤が定着しにくい上、 剥がれやすく、ダメージから塗装を保護する効果が薄れます。そのように下地処理はとても大切な工程です。

CBF仙台 KONFIDOではできる限りクリアーの素を美しくしベストに近づける施工をします。納車時だけの艶感を考えてコンパウンドで粗とキズを埋める作業をしているお店もありますが、埋めたコンパウンドは耐久性が望めず、長期耐久のはずのコーティングの耐久性を落としてしまいます。
なによりも大切なのは下地づくりであり、その磨き作業は塗装状況に合わせてコンパウンド、機材、磨き方のすべて変わります。
一つひとつの手間をいれることでコーティングのベストを引き出すことが大切です。重ね重ねの施工が合わさってしっかりとした専門店のコーティングは完成してます。

本当の磨き

コンパウンドは艶だし剤が入っていてキズを埋めて隠してしまうものがよいものとされてしまっていることがあります。それは誤魔化しであってプロ(技術者)の仕事ではありません。
実際はキズは無くなってません・・・・。素人でも綺麗に見せられるコンパウンド。それではWAXを塗って隠すのと変わらない様な気がします。実際、コンパウンドで隠した粗は数か月で現れてます。
コーティングの定着にも悪影響を及ぼします。KONFIDOでは時間をかけて塗装の素肌をしっかりととらえる施工をします。そのためにはコンパウンドは艶が出ず、埋りづらく(埋ったら除去する)、なかなかキズが無くならないものが作業性がよいです。現実をしっかりとらえながら的確な施工を行っていきます。ですから時間がかかります。

隠すコンパウンドを使えばペーパーでこすったキズでさえ簡単に隠れてしまいます。数時間ですごいきれいって言われる施工ができます。ただそれは一時のモノです。よくあるのは修理に出し綺麗に仕上がってきたけど洗車をしててそのうち気づきます。

またガンガン磨いてキズを消しながら粗を作り、その粗を埋めてしまっていたり(あとでムラムラっと現れます)、また技術がないためクリアは限りあるものだと理由づけて施工しなかったり(クリアは確かに大事なものですが)容易には見えないので技術が無ければ手をつけられません。素人が容易に手を付ければ取り返しのつかない悪化をまねきます。

実際クリアの磨く範囲は数ミクロンでしっかりクリアの状況をとらえる技術があれば、的確に磨いて荒れた皮膜を適切な範囲の施工で良い状態に改善することができます。ほとんどの場合、塗膜は素から美しくなりコーティングも素敵になります。

新車の磨き

新車は綺麗ですね。でもよく見ると小キズや鉄粉が付着してます。場合によっては新車の保護ラッピング等で塗装が傷んでいる場合もあります。製造ライン等の工程でどうしても小キズがついたり、ブツやブツ取り等での粗があったりします。何もない車というのは皆無だと思います。
当店ではボディを良い状態にしたうえで丁寧に施工いたしますので安心してお任せください。新車の下地施工は、手術というよりエステみたいなイメージです。塗装肌のコンディションを整え、引き出し、コーティングの定着を高めます。
小キズ、鉄粉除去、肌の状態 細かくチェックしながらの最良の施工をすすめていきます。プロにしか分からないトラブルを見逃さず、プロにしかできない手間と精度、その場のキレイではなく車のこれからのことを考えて、お車の状態に合わせた最適な施工を行います。
物言わぬ車が喜んでくれるように車の素材のことやこれからのこと、素地を見つめて、丁寧に時間をかけて全神経を技術をボディーに集中して作業しています。

新車のコーティング

新車はすぐにコーティングしないと、徐々に傷みます。見た目で気づいたころには相当傷んでしまってます。納車前、または納車後即をオススメします。
コーティングで目立たなくなっても、埋っているだけで傷みは残ったままになってしまっていることがほとんどです。もともとの塗装クリアはどんなコーティングにも勝る膜です。この膜をいい状態で守るためにもできるだけ早急なコーティングをお勧めします。
ステップやボンネットの裏、トランクの裏、フューエルリッド中、ピラー細部、パネルやパーツの隙間 すべてが2層以上のコーティングになります。

磨きのパターン:ライトポリッシュ

KONFIDOのライトポリッシュは基本でシングルアクションからダブルアクションまで3工程入ります。そのため最低丸1日を要します。これがKONFIDOでメニュー化されている最低レベルの磨きです。(ご希望や予算によってはギアアクションとダブルアクションからの磨きなども行います。8000円ぐらいからOKです。)濃色と比べるとパールホワイトはキズや痛みが分かりずらいです。ただキズや粗は見ずらいだけで一緒のためしっかり確認しながら丁寧に作業していきます。

磨きのパターン:ハードポリッシュ

ハードポリッシュは研ぎも合わせて基本5工程入れます。キズを消すだけでなく丁寧に時間をかけて平滑になめらかに仕上げていきます。工程ごとにコンパウンドを除去し状態確認を行い、最低丸2日以上かかります。素地を磨き素地だけでBESTに近づけるためです。部分ごとに状況は異なるので見逃さず見極めて、よりいい状態にしていきます。照明や計器は欠かせません。

磨きのパターン:スペシャルポリッシュ

スペシャルポリッシュの場合は肌調整から粗修理までクリアーの膜の強度を考え可能な範囲で行います。別途見積もり 作業終了後の確定となり、1週間以上かかります。

東北でのコーティング施工環境

日本列島、地域で環境の過酷さは全然違います。特に東北は非常にシビアで関東のコーティングの持ちと東北のコーティングの持ちは全く違います。融雪剤などをあびて走れば数日で除去困難なシミが付着します。タイヤで巻き上げられた雪や融雪剤がサイドにこびりつき水はじきも無くなります。除去には少しコツが必要です。KONFIDOではメーカーのコーティングをできるだけ高め、東北の環境にできる限り耐えうる強化を独自に行ってます。そのために手間暇は惜しみません。

コーティングメンテナンス

コーティングのトップをいい状態に保つために、少しの傷みのうちに改善し、常にいい状態を保てるようにケアしていくことが大切です。KONFIDOでは完全予約制ですが施工したお車のコーティングメンテナンスを3、4千円?で行ってます。東北ですと冬の終わりや夏の終わりなどに施工してあげるといいんじゃないかと思いますが、1台1台 環境や状況は異なりますので洗車などで撥水しないなぁとか、ざらざらしてるとか気が付いたことがあれば何かの変化が起きているので早めにお気軽にご相談いただけると助かります。メンテナンスは診断も兼ねて行い、代車サービス 基本1泊2日です。

コンフィードではガラスコーティングは素地にこだわり、定着をベストに高性能の強い皮膜のベースコーティングをつけることを主としてます。塗装面の状況によっては、一手間、二手間、三手間いれてベースを作ります。その上に2層で柔軟性のあるトップコートをいれる組み合わせで、さらにメンテナンス性に優れた皮膜をコートしたり・・これはお客様の保管環境やメンテナンスのやり方によって異なるので、一か月点検、メンテナンスを通して、アドバイスします。(初回コーティングはご希望・ご予算により柔軟にアドバイス、ご提案します。)

KONFIDOの設備環境

空調設備、純水装置と専門店として優れた施工をできる環境を整えています。代車も完備していますので、事前にご予約いただければと思います。積載車も用意が有ります。

サイドメニュー

お問い合わせ

インフォメーション

  • CBF仙台 株式会社コンフィード | Konfido 〒983-0821 宮城県仙台市城野区岩切3-2-8 TEL&FAX 022-766-8576