お問い合わせ

お客さまでの洗車

コーティングをより良い状態で保つために

この度はクォーツガラスコーティングの ご用命をいただきありがとうございます。

この車輌は特別な機材・液剤により、様々な作業行程を経て塗装の持つ最高の 光沢を出し、最高の素材で塗面の保護を施した最高級コーティング処理車です。

洗車のおおまかな流れ

洗車順序

洗車内容

洗車の前に

洗車前に、使用するスポンジの汚れを水できっちり落としてください。
汚れのひどい箇所用にスポンジを2個使い分けるのがベストです。

洗車の流れ

  • ボディの洗車~鉄粉除去

    水をかけて付着した土埃を落としてから、十分水を含んだスポンジに少量のコンディショナーを付けて洗い、泡を水ですすぐ工程を、
    「ホイール→フェンダー→ドア→バンパーのパネル」で区切り進めます。
    ※ボンネット、トランク、ルーフに水がかからないようご注意ください。

    次に同様の手順で「トランク→ボンネット→ルーフ」の順にパネルごとに進めてください。水滴が残りやすいルーフやボンネットなど上面の洗車を最終工程にすることがポイントとなります。

  • ボディの小キズ除去

    ルーフからパネルごとにコンディショナーの成分が残らないように水で十分にすすぎ洗いをしてください。

    ※上から下にパネルごとにすすいでいくようにしてください。

  • 保護剤塗布(コーティング保護)

    全体の水が乾かないうちに、拭き取りクロスで力を入れず水分を拭き取ってください。                          

クォーツガラスコーティング施工車輌の 取扱い注意事項

■ 通常は水洗いで大丈夫ですが、コンディショナーで定期的に付着する汚れを落としてください。

■ 車が汚れたままでの水拭き、空拭きは行わないでください。

■ シャンプーをつけたまま長時間放置しないでください。

■ 虫の死骸や鳥糞などが付いた場合は十分に水をかけ、コンディショナーで早めに除去してください。

■ キズの原因となりますので、研磨剤の入ったコンパウンドやWAX・門型洗車機による洗車を行わないでください。

■ キズの原因となりますので、洗車ブラシや手拭き用タオルを使用しないでください。

■ 炎天下での洗車はできるだけお避けください。

■ 地下水のご使用はボディにシミを作る要因になります。上水道のご使用をお勧めします。

■ 木の下や線路付近の駐車はなるべく避けてください。

■ 海辺や雪道の走行後、長期間放置せず早めにお手入れしてください。

■ ディーラーや整備会社などに車を預けたり、ガソリンスタンドなどで洗車を頼まれる場合、事前にコーティングを施工していることをお伝えください。

■ 汚れがこびり付いてしまい水洗いやコンディショナーでも落ちない場合は汚れの部分を強く擦ったりせず、施工店舗までご相談ください。

クォーツガラスコーティング専用メンテナンス用品

コンディショナー

≫ コンディショナー

クォーツは通常水洗いだけでその効果を発揮しますが、排ガス等により油膜汚れが付着する場合にご使用ください。油膜を分解し本来のガラス膜に戻します。

コンディションクリーナー

≫ コンディションクリーナー

水滴跡が洗車で除去できない個所は、この洗剤を少量つけてクロスで拭き上げてください。 原液のままでご使用ください。

メンテナンスキット

≫ メンテナンスキット

【 内容 】
■ クォーツ用コンディショナー
■ コンディションクリーナー 
■ 洗車拭き取りクロス
■ 洗車スポンジ
■ プラスチックケース

コンディショナー及びクリーナーのお取り扱いにはご注意ください。

・冷暗所に保管ください。
・乳幼児の手の届かない場所に保管ください。
・用途以外には使わないでください。
・目に入ったときは、すぐに洗い流してください。
・異常がある時は、商品を持参して医師に相談ください。

その他ご不明な点がございましたら、当店までお尋ねください。

サイドメニュー

 

お問い合わせ

インフォメーション

  • CBF仙台 株式会社コンフィード | Konfido 〒983-0821 宮城県仙台市城野区岩切3-2-8 TEL&FAX 022-766-8576